すばやい効き目がある薬

レビトラとは日本で二番目に承認された第二世代のED治療薬となります。
バイエル薬品というドイツの製薬会社が製造と販売の両方を行っている薬です。
日本では2004年から医療機関に向けての販売がスタートしており、薬価基未収載となるので現在でも保険の適応外の治療となり、全額自費での負担となります。
発売当時は5mgと10mgのみとなっていましたが、それから3年後の2007年には20mgが登場しています。
英語表記は「LEVITRA」となり、LEはフランスの言葉で男性の生命を意味し、VITRAはラテン語で生命を意味します。
なので、男性の生命という意味が込められています。
成分はバルデナフィルを
配合しており、mgは有効成分量を示しています。
水に溶けやすい性質があるので、体内への吸収も良く、効き目が現われるのが早く即効性があるので他のバイアグラやシアリスを含めても最も即効性があり、血中濃度が最高点になる時間も40~50分ほどと言われています。
効き目は他のバイアグラなどのED治療薬と同じであり、海綿体の血管を収縮させてしまう働きがあるホスホジエステラー5型(PDE5)という変換酵素の働きを阻害することで、血管を拡張でき十分な血液が陰茎に集まり、勃起をサポートしてくれる効果を得る事ができます。
弱点は食事の影響を受けるということで、服用する場合には空腹時の服用を必要としており、食事を食べてしまうことで薬の効果が安定しなくなってしまい、十分な効果が発揮されないことがあります。
10mgであれば最大で5時間、20mgであれば最大10間ほど作用しますので、満足感を得れる性行為を行う時間は十分にあります。
服用時に注意が日必要なのは、アルコールとの併用であり、薬の血管を拡張する効果によってアルコールが一気に身体に回ってしまい倒れてしまう危険性があるので、アルコールと一緒の服用はしないようにして下さい。
また、レビトラを服用したからといって性的な刺激を受けなければ勃起は起こりませんので、薬を服用したからといって勃起が治まらないということはないので心配なく服用することが出来ます。
レビトラを始めとするED治療薬は病院での処方はもちろんですが、海外医薬品の通販で購入することが出来ます。
通販での購入は至って簡単で普段利用しているショッピング通販と何ら変わりありません。海外から発送となる為、少々日数はかかりますが、だいぶ安く購入出来ますし、梱包などもプライバシーを重視しているので誰かにバレてしまうという心配もなくとても便利です。

ED治療薬のレビトラやジェネリック効果や副作用を確認する